メイン画像
トピックス

2030年のビジョン

代表取締役社長桑田哲司

「経営目的」

 人が幸せに生活する為の基本的な必要条件である「新鮮な水」、「清浄で快適な空気」、「環境にやさしい電気」を、より良く、社会に普及させる。

「2030年のビジョン」

 経営目的を踏まえて、ポストコロナ時代を超え、10年後の2030年までには下記の項目を達成し、人々の生活を豊かにしながら「地球温暖化防止」・「公衆衛生」・「環境良化」を実践し、持続可能な社会の実現に貢献する。

  1. 会社の運営方針
    1. 弊社の仕事そのものが安心・安全の未来社会の創造に寄与するとの立場に立ち、積極的に業務拡大を行う。
    2. 商圏拡大のため全国に事業を展開する。
    3. 新卒社員を積極的に採用し、50名以上の社員数とする。
    4. デジタルシフトを強力に推進する。
    5. 電気・情報通信設計分野を強化する。
  2. 会社の収益体質
    1. 売上高10億円を目指す。
    2. 受注物件を大型化し受注金額の平均値を1000万円以上とする。
    3. 社員1人当たりの付加価値を1500万円以上とする。
    4. 売上高比率10%以上の税引後の純利益を毎年確保できる高収益企業を目指す。
  3. 社員教育
    1. 資格取得を第一の社員教育として、建築設備設計を志す社員には、社費で資格取得学校に通学させる。
    2. 結果として、資格保有者数は建築設備士30名、設備設計一級建築士10名以上が在籍する事務所とする。
    3. 「就業規則」「ルールとマナー」を磨き込み、考え方と行動が一体感を持った社員集団とする。
    4. コンプライアンスを守ることの重要性を、くり返し重点教育する。
    5. 仕事における小さな成功体験を積むことにより、社員の心を強靭化させる。
  4. 生産性向上
    1. 業務基準書(GY-1)~(GY-7)を進化させ、品質の向上と作業時間の短縮を計る。
    2. Web会議システムによるチームワーキングを取り入れ、内部・外部コミュニケーションを最大化させて、不整合を撲滅する。
    3. プロセスアプローチを採用して、「業務の見える化」を行い、ジョブに参加する社員全員がプロセスの動きを共有する。
    4. ワークライフバランスの適正化により、社員のフルパワーを引き出す。
  5. レビューと改善
    1. 社会の変化に俊敏な追随性で対応する。
    2. 常に適切性をレビューし、不適合を改善する。
    3. 社員満足度調査の結果が90点以上となることを目指す。
    4. 顧客満足度調査の結果、80点以上を達成する。
    5. そのためには10年・1年・ジョブ・1日単位の4つの大きさの輪となるPDCAサイクルを継続して回し続ける。

上記の状態を実現させることが私の責務である。
2020年7月1日

株式会社二十一設計
代表取締役 桑田哲司

経営理念

 「Doing good」
  ・Doing good for the earth.
  ・Doing good for the people.
  ・Doing good for ourselves.

 地域社会を災害から防御し、住民の命と生活を守ります。又、地球温暖化防止のためCO₂の排出量を削減し、
 豊かな地球環境を子供たちの未来に伝承します。

 その為に私たちは、下記の事柄が実現できる様、日々の努力を積み重ねます。

 ①安全・安心都市の機能を充実させ、来たるべき大災害に備える。
 ②水・空気・電気・太陽を有効に利用し、生活の質を高めながら自然と共に生きる省エネルギーな街造りに貢献する。

経営理念を定めた背景及び代表取締役の考え方

 社名に示す様に、20世紀型の化石燃料を消費する社会から、21世紀型の再生可能エネルギーを用いた自然共生型社会への移行は、地球温暖化を防止するという観点から、人類が必ず行わなければならないテーマであります。
 人々の生活を豊かに向上させながら、CO₂の発生を抑え、災害に備えるということを目指して、地域社会と様々な連携を図りながら、企業の持つノウハウ・専門知識を提供し、関連するステークホルダー全てが幸福になる為の ”働くことの意義” を表現しています。

トップページ会社概要 業務実績一覧品質管理人財教育
社内風景  会社の特徴新卒採用  中途採用二十一倶楽部

株式会社二十一設計

〒220-0023 横浜市西区平沼1丁目39番地3号 三石ヨコハマビル6階
045-317-6656【代表】

Copyright© TWENTY-ONE DESIGN co.,ltd All Rights Reserved.