メイン画像
トピックス

ニュースリリース

代表よりご挨拶

代表取締役社長桑田哲司

 株式会社二十一設計は、平成元年に設立された設備(空調・衛生・電気)の設計・監理を基本的には専業とする設計事務所です。しかし近年、設備設計には従来の建築の付帯設備にとどまらず、省エネルギー、新エネルギー、防災、情報通信等、様々なジャンルにおいて新しい技術が必要とされ、その受持範囲が飛躍的に拡大しています。
 他方、新しい建物を建築するよりは、建築躯体をそのまま再利用し、耐震改修や設備改修、内装改修を行って、建物自体の使用目的を高める為の機能の拡充や安全性の向上を図ることが主流の考え方となっています。
 この様な社会のニーズの変化に対して、単なる設備設計にこだわらず、環境系一級建築士事務所として、建築を含めた意匠・構造・空調・衛生・電気のそれぞれがその役割を最大限発揮しながら、最もライフサイクルコストが安く最もCO₂の発生量が少ない、建築と設備が融合したコンセプトの建物を創造していくことが、今社会から求められていると確信しています。
 私達は確かな技術と誠実な対応でお客様の期待と要望にお応えできるよう、資格取得を積極的に行い、日々技術研鑚に努めております。また、ISO9001認証取得をし、成果品の品質の確保を明確化しています。
 今後も強い品質システムを構築し、「省エネ、新エネ、防災、子供達」のスローガンのもとに、広く社会に貢献できる企業を目指し、努力を積み重ねて参ります。

経営理念

 「Doing good」
  ・Doing good for the earth.
  ・Doing good for all the people.
  ・Doing good for ourselves.

 地域社会を災害から防御し、住民の命と生活を守ります。又、地球温暖化防止のためCO₂の排出量を
 削減し、豊かな地球環境を子供たちの未来に伝承します。
 その為に私たちは、下記の事柄が実現できる様、日々の努力を積み重ねます。

 ①安全・安心都市を創造し、来たるべき大災害に備える。
 ②水・空気・電気・ガス・太陽・大地を有効に利用し、豊かな自然と共に生きるエコロジーな街を作る。
 ③建築と設備が融合した防災・防犯・省エネ性が高く、資産価値の下がりにくい建築物を創造する。

経営理念を定めた背景及び代表取締役の考え方

 社名に示す様に、20世紀型の化石燃料を消費する社会から、21世紀型の再生可能エネルギーを用いた自然共生型社会への移行は、地球温暖化を防止するという観点から、人類が必ず行わなければならないテーマであります。
 人々の生活を豊かに向上させながら、CO₂の発生を抑え、災害に備えるということを目指して、地域社会と様々な連携を図りながら、企業の持つノーハウ・専門知識を提供し、関連するステークホルダー全てが幸福になる為の ”働くことの意義” を表現しています。

トップページ会社の特徴業務実績一覧品質管理人財教育
社内風景  会社概要 新卒採用  中途採用二十一倶楽部

株式会社二十一設計

〒220-0023 横浜市西区平沼1丁目39番地3号 三石ヨコハマビル6階
045-317-6656【代表】

Copyright© TWENTY-ONE DESIGN co.,ltd All Rights Reserved.