(独)日本原子力研究開発機構 殿 25支援・研修センター支援棟正圧化実施設計業務

概ね5Pa程度の正圧化を確保するために、現地にて仮設送風機を設置し、実証実験を行い、風量を検討するとともに風向きについての確認を行いました。
業務名 25支援・研修センター棟正圧化実施設計業務
顧客名 独立行政法人 日本原子力研究開発機構 殿
契約期間 2013/8/8~2014/3/14
施設名 原子力緊急時支援・研修センター
所在地 茨城県ひたちなか市
構造/階数/規模 S造 地上2階建 延べ面積 1980.92㎡
工事概要 支援・研修センターは、災害対策基本法に定める指定公共機関をしての役割を果たすため、支援棟内部の正圧化を目的とし、建家及び設備の改修工事を行う。2階情報集約エリアを正圧化の範囲とし、 新機械室の設置、非常用給気ダクト・ファン・フィルターユニット等の設置を行う。
2014-03-14
TOP >  研究・実験施設 >  (独)日本原子力研究開発機構 殿 25支援・研修センター支援棟正圧化実施設計業務

トップページ会社の特徴業務実績一覧品質管理人財教育
社内風景  会社概要 新卒採用  中途採用二十一倶楽部

株式会社二十一設計

〒220-0023 横浜市西区平沼1丁目39番地3号 三石ヨコハマビル6階
045-317-6656【代表】

Copyright© TWENTY-ONE DESIGN co.,ltd All Rights Reserved.